FC2ブログ
お知らせ

♪ジャズヴォーカルライブ出演者募集♪
『Dreamプランニング』では、関西のレストランやバー等のお店での
ジャズボーカルライブ出演の機会を提供しています。
人前で歌う経験を積みたい方、興味のある方は⇒ コチラまでお気軽に☆

2014.11/27 (Thu)

『Estate』 (エスターテ)

きょうは突然ですが
『Estate』を取り上げてみたいと思います。

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆


Estate』 (エスターテ)1960年
Words: Bruno Brighetti / Music : Bruno Martino


ジョアン・ジルベルトのアルバムが出て以来、
ボサノバ曲のイメージが強いが、
もともとはイタリア製の曲で、
ブルーノ・マルティーノ作曲、ブルーノ・ブリゲッティ作詞。

ブルーノ・マルティーノはイタリアのジャズ・ピアニスト、歌手、作曲家。
ボサノヴァ創始者の一人であるジョアン・ジルベルトが1960年代に
イタリアを訪れ、ブルーノの『Estate』を聴いて、取り上げてみたいと
思うようになった。
1977年にアルバム「Amoroso」でイタリア語の原語のまま歌っている。

このジョアン・ジルベルトの歌唱によって「エスターテ」は世界的に
知られることになりボサノバとジャズのジャンル演奏される曲となった。

Estateはイタリア語で「夏」という意味。
『夏のうた』という邦題もついている。

この曲は元々「夏は嫌い、あのひとを思い出させるから」という内容の
歌詞に沿ったタイトルだったが、それが後に"Estate"という題名になった。


ジョエル・シーゲルによる「Estate」、
ジョン・ヘンドリックスによる「In Summer」
という2つの英語版歌詞が作詞されており、
これらの英語歌詞で「エスターテ」を歌うジャズ歌手も多い。


(引用:『Bruno Martino- Wikipedia』、『ジャズ名曲大辞典』)


☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆


やはり、この曲は
アルバム「Amoroso」ジョアン・ジルベルトが代表的で・・。

ボサノバのイメージが強すぎて元々ボサノバの曲だと
思い込んでいましたが、イタリア生まれだったんですね。

それにしても、
夏は嫌い、という意味だったんだ・・。
しかしそれは、「あのひとを思い出させるから」だなんて
切ないですね・・・。
このアンニュイで哀愁漂う感じ・・。


英語の歌詞で歌っているシンガーは
シャーリーホーン(英詞:Joel Siegel)と、
やはり上述のジョン・ヘンドリックスが有名どころでしょうか。


ジャズピアノではなんといっても
ミッシェル・ペトルチアーニの「ESTATE」です
アルバム名にもなっています。
昔、よく聴きました・・思い出すと切なくなります。

17:00  |  曲別ぷちネタ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2014.08/31 (Sun)

『Danny Boy』(ダニーボーイ)

Danny Boy』(ダニーボーイ)
Words: Frederic Edward Weatherly(フレデリック・エドワード・ウェザリ)


「ダニーボーイ」(Danny Boy)は
アイルランド民謡「ロンドンデリーの歌」(Londonderry Air)に
1913年イギリスの Frederic Edward Weatherlyが歌詞を付け、
アイルランド出身でテノール歌手のジョン・マコーマックが録音し、
世界中の人々に親しまれるようになりました。

『Londonderry Air(ロンドンデリーの歌)』のメロディーには、
100曲以上の歌詞が付けられているようですが、
この『Danny Boy(ダニーボーイ)』が有名で、
Frederic Edward Weatherlyが付けた歌詞は、
出兵する子供を送る、母親(父親という説も有)の胸の痛みを
歌ったものです。

その哀愁漂う美しい旋律は、国や世代を超え、今も愛されて続けています。
ジャズメンも好んで取り上げています。
有名なのはビル・エヴァンス、キース・ジャレット・・。



☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆



この名曲、ジャズ・スタンダードナンバーの"定番"になってますよね
私も、ソロでもバンドでもよく弾きます。
シンプルできれいなメロディはアレンジがいろいろできますし、
よく知られている曲なのでライブやラウンジの演奏曲におススメです


タグ : DannyBoy ダニーボーイ

12:46  |  曲別ぷちネタ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2014.04/07 (Mon)

Fly Me To The Moon

久しぶりに曲ネタ覚え書きです。
きょうは、あの有名なFly Me To The Moon です。


☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

Fly Me To The Moon 』(フライ・ミー・トゥー・ザ・ムーン)
1954年(邦題「月に飛ぶ想い」)
Words & Music : Bart Howard


皆さんよくご存知の曲"Fly me to the Moon"は
1954年"In Other Words"(言い換えれば)というタイトルで世に出ました。
原曲はワルツ(3拍子)でした。

その時はヒットにはつながりませんでしたが、
1962年にジョー・ハーネルがボサノバにアレンジ、
Fly Me To The Moon 』に改題し世に知られるようになりました。

その後フランク・シナトラが歌ったものが大ヒットとなり、
このタイトルが定着しました。
当時のアメリカはアポロ計画を推進していたため便乗して大ヒット、
その時代を象徴するテーマソングと言われています。


ヴォーカルでは
ナット・キングコール、ジュリー・ロンドン、アニタ・オデイ、
サラ・ボーン、クリス・コナー、ナンシー・ウィルソン、
アストラッド・ジルベルト、ダイアナ・クラールなど。

ジャズ・ボーカルの定番曲というイメージがありますが
インストでもでもよく演奏されます。
オスカーピーターソンほか
いろんなジャズ・アーティストが演奏しています。

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆




若い方には
テレビアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』エンディング曲として
ご存知の方も多いのではないでしょうか。

宇多田ヒカルや椎名林檎、八代亜紀など、
いろんなアーティストがカバーしていますね




Fly Me To The Moon
私の今までの演奏活動の中で
一番たくさん弾いた曲と言えると思います

昔、ジャズピアノをやり始めた頃も
アドリブとりやすいコード進行なので、よく練習しましたし、
それからず~っと、今だによく弾いています。

3拍子でも4拍子でも、ボサノバでも4ビートでもスローでも、
ソロでもトリオでも。
その日の気分で弾いた・・
なんだか、嬉しい時も悲しいときも
自分の歩んできた歴史と共に寄り添ってくれた?曲・・
いろんなこと思い出して、感慨深いです


タグ : Fly Me To The Moon

23:38  |  曲別ぷちネタ  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2014.02/03 (Mon)

アプリ制作

なんだか久しぶりの更新になってしまいましたが・・

最近、趣味でiPhoneアプリを制作していまして
この度 「癒し水音伝説」 という水音(みずおと)の
癒しアプリ
をリリースしました~っ
App Storeで配信中です(iPhone, iPad, iPod touch対応)。
ダウンロード無料

水に関する20種類のリラクゼーション音源を収録していて、
選択してタップすれば再生されるという、いたってシンプルな
アプリです。アップルでの紹介ページ→こちら


私は以前から水の音を聴くのが好きで、
睡眠導入のため波の音のCDを聴いたりして・・。

それでアプリ開発を始めた時
水の音ばかりの音源が聴ける"癒しアプリ"を作ろうと
思ったんです。


実は、この水音(みずおと)アプリは2本目で、

昨年秋に初めてのアプリ「開運おみくじ」を
こっそり(?)リリースしていました
これもシンプルな無料アプリです。

ていうか難しいのは作れませんっ
なんせ独学ですし


アプリ開発は私にとってはかなり難しいですが
めっちゃ面白いですわ~

今また新アプリ制作中ですが、ぼちぼちやっていきます。

11:19  |  日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2013.10/21 (Mon)

テキストアニメーション

Youtubeに演奏をアップする時やPV作成の時に
最初に10秒くらいのタイトルを入れたいので
After Effectsで
テキストアニメーションを作ってみました。

まず、After Effectsでテキストを入れて
テキストアニメーションの種類を選び
作成し・・

出来上がった動画をさらに
Adobe Premiere Proで
動画素材を重ねていきます。


スポットライトと、
キラキラの星が降る動画素材を重ねてみました

こんな感じ↓
http://teafortwo-p.com/title.mp4

タグ : テキストアニメーション

00:25  |  動画編集  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
PREV  | HOME |  NEXT