FC2ブログ
お知らせ

♪ジャズヴォーカルライブ出演者募集♪
『Dreamプランニング』では、関西のレストランやバー等のお店での
ジャズボーカルライブ出演の機会を提供しています。
人前で歌う経験を積みたい方、興味のある方は⇒ コチラまでお気軽に☆

2010.03/21 (Sun)

演奏曲数(その2)

ラウンジやレストランで
BGMとしてソロピアノで演奏する場合の曲数は

1ステージ30分として
8~10曲くらいで
4ステージなら30曲以上弾く・・・

というお話は過去記事で書きましたが


一曲何コーラス弾くのか、というお話です

もちろん、決まりがあるわけではないので
その時の雰囲気で自由に縮めたり引き延ばしたり
すればいいのですが、


スローの曲は2コーラス(テーマ1コーラスプラス前半アドリブ、後半テーマ)
ミディアムとかそれ以上早い曲は
3コーラス(テーマ1コーラス、アドリブ1コーラス、テーマ1コーラス)

これで、だいたい(1ステージ30分として)
1ステージ8~10曲くらいになります。

アドリブのコーラスの部分を何コーラスも弾けば
時間長くなるのでもっと少ない曲数ですみますが

ラウンジでは、お客様の立場から考えると、
知ってるメロディーが流れている方がいいわけです。

なので、アドリブ部分を多く弾くよりは
曲数が多い方が喜ばれます。

(もちろん、その時の雰囲気で
アドリブを2コーラスくらい弾く曲があっても
構わないですよ。)


本来、ジャズピアノというのはアドリブが要です。
ライブハウスでジャズライブをする場合は
アドリブ何コーラスもガンガン弾きます

しかし、ラウンジとかレストランのBGM演奏では
わざとアドリブ部分は抑えて弾くわけです

なので、
ジャズピアノを勉強してアドリブが自由にできるよう
日ごろから努力をして、即興演奏の実力を
つけることが大事です。

常に向上心を持つことですね。


自由に弾けるようになると、
毎回違うことを弾くわけですし、

その日の気分で、スローの曲をアップテンポで弾いたり、
リズムを変えたり、曲を縮めたり引き延ばしたり・・
臨機応変にできるようになり、余裕で弾けます
自分自身も楽しいです


スポンサーサイト



08:35  |  ラウンジ/レストラン  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |