FC2ブログ
お知らせ

♪ジャズヴォーカルライブ出演者募集♪
『Dreamプランニング』では、関西のレストランやバー等のお店での
ジャズボーカルライブ出演の機会を提供しています。
人前で歌う経験を積みたい方、興味のある方は⇒ コチラまでお気軽に☆

2010.11/01 (Mon)

リクエスト曲は さまざま

ラウンジでの演奏のお仕事では、
お客様が年配のかたが多いので、やはり、
映画音楽のリクエストが多いですね

例えば、

♪ To Love Again(「愛情物語」より)
♪ Moon River(「ティファニーで朝食を」より)
♪ Unchained Melody(「ゴースト」より)
♪ As Time Goes By(「カサブランカ」より)
♪ Love Is A Many-Splendored Thing(「慕情」より)

などは、今でも根強い人気があります。


あと、人気なのはやはり、洋楽ポップスで、
カーペンターズやビートルズ、
ビリージョエル、エルトンジョンなど・・。



かと思えば、突然ジャズの曲が来たりします。
最近、”A Child Is Born" と ”Work Song”
(ジャズ界では有名な曲でも世間的?には知られてない曲
なので)がきました。


ほんとに、リクエストはいろいろな曲が来るもんです・・
スポンサーサイト



15:04  |  ラウンジ/レストラン  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2010.03/21 (Sun)

演奏曲数(その2)

ラウンジやレストランで
BGMとしてソロピアノで演奏する場合の曲数は

1ステージ30分として
8~10曲くらいで
4ステージなら30曲以上弾く・・・

というお話は過去記事で書きましたが


一曲何コーラス弾くのか、というお話です

もちろん、決まりがあるわけではないので
その時の雰囲気で自由に縮めたり引き延ばしたり
すればいいのですが、


スローの曲は2コーラス(テーマ1コーラスプラス前半アドリブ、後半テーマ)
ミディアムとかそれ以上早い曲は
3コーラス(テーマ1コーラス、アドリブ1コーラス、テーマ1コーラス)

これで、だいたい(1ステージ30分として)
1ステージ8~10曲くらいになります。

アドリブのコーラスの部分を何コーラスも弾けば
時間長くなるのでもっと少ない曲数ですみますが

ラウンジでは、お客様の立場から考えると、
知ってるメロディーが流れている方がいいわけです。

なので、アドリブ部分を多く弾くよりは
曲数が多い方が喜ばれます。

(もちろん、その時の雰囲気で
アドリブを2コーラスくらい弾く曲があっても
構わないですよ。)


本来、ジャズピアノというのはアドリブが要です。
ライブハウスでジャズライブをする場合は
アドリブ何コーラスもガンガン弾きます

しかし、ラウンジとかレストランのBGM演奏では
わざとアドリブ部分は抑えて弾くわけです

なので、
ジャズピアノを勉強してアドリブが自由にできるよう
日ごろから努力をして、即興演奏の実力を
つけることが大事です。

常に向上心を持つことですね。


自由に弾けるようになると、
毎回違うことを弾くわけですし、

その日の気分で、スローの曲をアップテンポで弾いたり、
リズムを変えたり、曲を縮めたり引き延ばしたり・・
臨機応変にできるようになり、余裕で弾けます
自分自身も楽しいです


08:35  |  ラウンジ/レストラン  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2009.12/10 (Thu)

メモリー帳 その2

メモリー帳については、

過去記事でも書きましたが、
B6サイズの五線紙ノートにメロディーとコードを書いて、
ためていくのですが、
それだと、曲番がバラバラですよね

リクエストがあったときすぐ弾けるように
ABC順にしておく方がいいです

なので、
そのためには、B6サイズ(ヨコ型)の
クリアポケットファイル・ルーズリーフ&バインダーのような
抜き差しできるものが便利です。


前述のノートに、手書きしたものは保存しておいて、
それをコピーをしたもの(あるいはPCで作成したもの)を、
ABC順にクリアポケットに入れていきます。


後から曲が増えても、ルーズリーフなので、追加も大丈夫
曲順変更もすぐできます。


ただ、クリアポケットファイルB6サイズヨコ型
(しかも抜き差しOKなもの)となると
文房具屋ならどこにでもあるわけではありません

昔は店頭に結構売ってましたが、
今はネットで買った方が早いかもです。
00:54  |  ラウンジ/レストラン  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2009.11/03 (Tue)

ハッピーバースデイ

ラウンジなどでソロピアノ演奏のお仕事していて
お客様の中にお誕生日の人がいる時、

弾いている途中に「ハッピーバースデイお願いします」
って言われることがあります。

きょうのお店もそうでしたが、
お店の人から突然演奏中に言われることが多いので、

お客様のテーブルでシャンパンなどを
つぎ分けているタイミングによりますが、

その時に弾いている曲を終えてから
ハッピーバースデイを弾きます。

(あるいは、もう乾杯の段取りになっていれば
 演奏中の曲を自然な感じで切り上げて
 すぐ弾く場合もあります。その辺は臨機応変に・・)


イントロを弾けばたいていお客様みんな歌い出しますね。
その時にもよりますが・・

曲の最後の方は拍手が起こるので、盛り上げて弾きます


あと、ヴォーカルさんと共演している時は
ヴォーカルさんに歌ってもらったらいいですね

まぁ、どっちみち
お客様みんなで歌うことになることがほとんどですが。


きょうはハッピーバースデイ2回弾きました~
02:33  |  ラウンジ/レストラン  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2009.10/17 (Sat)

演奏曲数

ラウンジやレストランで
BGMとしてソロピアノで演奏する場合の曲数は

1ステージ30分として
8~10曲くらいでしょうか。

4ステージなら30曲以上弾くことになります。

できるだけ、よく知られている曲がいいですね。
このことはまたの機会に話しますが・・。

その日の客層によっても選曲を変えます。

というか、前もって選曲している訳ではなく
その場で客層を見ながら曲を選んでいきます。

いつもはスタンダード中心ですが、
ご年配の方が多かったら、昔の映画音楽とか、
若い人が多かったら洋楽ポップスを多めに
演奏するとか・・という具合に。

一段楽譜のメモリー帳を弾きながら選びます。
(メモリー帳については過去記事参照)
もちろん覚えている曲は楽譜見ずに弾いて下さいね

一曲終わるごとに、1~2秒(くらいかな)
で次の曲を弾きます。
それ以上の間があるとシラけてしまいますので。

無音状態は3秒以上は作らないようにします。

なので、曲の最後の音をペダルで延ばしながら
左手でメモリー帳をめくって次の曲を開ける、って
感じでしょうか。

※今回の話は、最初に書いたように
ラウンジやレストランでBGMとして
ソロピアノで演奏する場合
」のことなので、

ヴォーカルや管楽器と一緒だったりバンドの場合とか、
BGMではないライブの場合は
一曲が長いのと、MC入れたり、とかで
「BGMとしてのソロピアノ」とは、事情?が異なります。

このこともまたの機会に触れますね。
01:31  |  ラウンジ/レストラン  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT